ラグジュアリーフラワー・ブログ

ラグジュアリーフラワー・BLOG

誕生日にお供えする花束

誕生日のお供え花

天国の上司のお誕生日にお供えする花束を贈らせていただきました。お綺麗な女性社長へお届けするお花です。
直送の贈り物になりますのでこちらで報告を兼ねて花束を紹介します。共有していただければ幸いです。

誕生日のお供え花

赤いバラのお供え花束

故人のイメージにふさわしい、美しく気品のある花束を赤いバラメインでご用意させていただきました。
前回、用意させていただいた際は、開花寸前の大輪種のバラを使用したので配送の箱に入るサイズにまとめるデザインに苦労したので、今回は前回よりも花の本数は多いのですが赤バラと白バラは蕾の段階のバラを使いました。コンパクトに見えますが開花すると倍以上の花束になると思います。
白バラは小さい蕾なので埋もれて写っていませんが、ウェディングドレスというひらひらと咲く一重咲きの可憐なバラをたっぷり使っています。

透明感のある気品を出したかったので紫〜ピンク系のバラを周りにちりばめ、数輪だけオレンジのバラをさし色に温度感を添えています。そして大輪の白百合をカバーグリーンのようにして外周を囲んでいます。

ほとんどの花が蕾の状態でこの美しさなので、開花するとより美しい姿に変身すると思います。

赤いバラのお供え花束

赤バラのお供え花

  • 赤いバラ
  • 白いバラ
  • バラ
  • アリストロメリア
  • 百合
  • ストック
  • ヒペリカム
  • かすみ草

稀に「刺のある花はお供えには避ける」いわれもあるようですが、キリスト教を代表に海外では赤バラは墓に供える代表的な花の一つですので、宗教や家の特別な決まりごとがない限りバラを供えるのは失礼にはあたりませんのでご安心ください。

赤バラのお供え花

華やかなお供え花

前回の注文時にも理にかなったセンスあるお供え花のご依頼だと感心したのですが、今回も然り。
故人のことを思い出しながら花を供える時には、どんな花が似合う人だったろうか?どんな花を喜ぶ人だっただろうか?
相手の事を思うなら存命中に贈りたい花とお供え花に贈る花のイメージには相違はないように思います。

故人がこの世を去ってまもない頃は、遺族や残された人の悲しみにそう「白」「寒色」などの静けさの花を贈ることで「心」が届きます。しかし、いつまでも悲しみに浸ることはできません。ある程度の時間が過ぎれば明るく華やいだお供え花で問題はありません。極楽浄土へ続く道は花の香りに誘われ極彩色の花が咲き乱れていると聞きます。どの国においてもお供え花は鮮やかなものです。

自分がこの世を去った後にどんな花を供えて欲しいだろうか?どんな花を見て自分を思い出してほしだろうか?と考えてみてください。
ただし故人に届ける花を受け取るのはご遺族ですので、その点を配慮しつつ喜ばれるお供え花が最善だと思います。

ラグジュアリーフラワーショップ

【ラグジュアリーフラワー】アーティストフラワーショップ

【プロポーズフラワー】花束・花プレゼント

関連記事

  1. 古希祝いの花束・紫

  2. 移転祝・お祝い花のアレンジメント

  3. 母の誕生日の花束・明るく元気になるロマンティックな花束

  4. ありがとうの花束・誕生日プレゼントの花束

  5. 妻の誕生日に贈る花束・秋色

  6. フラワーアレンジメント・記念日のフラワーギフト

月別アーカイブ

お知らせ&更新情報

PAGE TOP